予防するための考え方 | 痛くて辛い外反母趾はテーピングによる施術【歪みアディオス】

痛くて辛い外反母趾はテーピングによる施術【歪みアディオス】

予防するための考え方

靴から解放されてみる

外反母趾を治療する必要性が生まれる人には、もちろん先天的な要素が関わっているケースも有りますが、多くの場合は靴によって足の形状が歪まされたから起こるといわれています。
あくまでも靴の影響は断定的な影響ではなく、主要な要因だと考えられる要素の一つではあります。ですが、靴の影響が起きている可能性がゼロではないことも間違いありません。
そこで、なるべく靴から解放される生活を意識することが大切です。いわば、裸足になれる時間や鼻緒のついた下駄を利用するなど、足を解放して、本来の正しい歩き方を行う時間をなるべく取ることが欠かせません。
ファッションでハイヒールや細身の靴を選ぶのは避けるべきですが、それでもそういった靴を選びたい場合、選ばざるをえない場合もあります。
そういった状況下ではなおさら、靴から解放されてみる時間を作ることは欠かせません。
そして、靴による制限を受けない状況をなるべく生まないように、必要のないときは足を窮屈にするような靴は選ばないように心がけるのも大切です。
これらの考え方は、外反母趾の予防になることはもちろんですが、軽度の段階ならこれだけでも治療法の一つにできます。
加えて、外反母趾の治療のためには足の筋力をつけて目覚めさせることが必要です。そのために利用できる方法として、足の親指を握っては開くトレーニングや、タオルを足の指でかき集めてみるトレーニングがあります。
太めのゴムによってできた輪を親指同士で横方向に伸ばすホーマン体操という方法も外反母趾の治療に役立てられていて、これらはすべて足の指に本来の自然な働きを思い出させるトレーニングによる外反母趾の治療として有用です。